さすらひの暇人の気まぐれ旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 圏央道

<<   作成日時 : 2017/03/24 23:43  

トラックバック 0 / コメント 0

 2017年2月26日に圏央道の境古河IC - つくば中央IC間が開通し、ついに、東名、中央、関越、東北、常磐、東関東道の主要6放射道路が、首都高を経由せずに繋がった。という事で早速駆け抜けてみることにした。
 圏央道の正式名称は、首都圏中央連絡自動車道というようで、東京都心から半径40〜60kmの位置を環状に結ぶ高規格幹線道路である。高速道路ナンバリングは"Circle 4(C4)"が割り振られており、首都圏3環状の一番外側の環状道路にあたる。法律上では一部区間を除いて、高速自動車国道ではなく、一般国道(国道468号)の自動車専用道路の位置づけとなっているようだ(ウィキペディアより)。
 自宅を出発して、関東平野の東端の犬吠埼を目指すこととした。にもかかわらず、向かうは正反対の名古屋方面。とても不思議な感じだ(笑)。横浜環状2号線から保土ヶ谷バイパスを経由して東名高速に入る。暫く東名を走り海老名ジャンクションから、圏央道に移る。ここから関東平野を横断していくわけだが、東名、中央、関越、東北、常磐、東関東道と経由していくと街の景色が目まぐるしく変わっていくのは新鮮だった。すべて片側2車線なのかと思っていたら、途中から片側1車線の対面通行になっている区間があることに少し驚く。片側1車線のみのため、この区間では結構渋滞が発生していた。それにしても学生の頃につくばに住んでいた事があったが、当時はまさかつくばと湘南が高速(国道?(笑))で直結するとは思いもよらなかった。時代は確実に進んでいることを実感させられた今日この頃である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

圏央道 さすらひの暇人の気まぐれ旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる